海外の通貨を利用した投資取引:外貨取引

外貨取引とは、海外の通貨を利用した取引、また、海外の通貨を利用した投資取引などのことを言います。

外貨取引の特徴は、世界中の国や地域で使われている通貨を利用して取引を行うことにより、日本にはないさまざまな利益を得る事が可能であるということ、また、日本での資産を海外に移動させることが出来ることなどになっており、これによって資産の運用を効果的に行えることになります。

このような外貨取引は、現在では多くの証券会社や金融機関などで取り扱いがあるため、わたしたちは身近にこうした外貨の取引を、距離や言葉などの壁を乗り越えて、簡単に行うことが可能となっているのです。もちろんわざわざそのために海外に行く必要もなく、国内ですべて完結するように制度から、税制まで強固に備えられています。

外貨取引には様々な種類がありますが、大きく分けて二つの種類に区分することができ、そのうちの一つは外貨そのものを投資や資産運用の目的とするもの、もう一つは外貨を用いて海外の金融商品を利用して取引を行うものになります。


外貨そのものを取引する外貨取引には、外貨預金や外国預金、FXとよばれている外国通貨証拠金取引などがあります。

これらの金融商品は主に通貨と通貨の価値の差である為替の変動が自由設定になっていることを利用し、安く買ったものを高く売ったり、高く売ったものを安く買い戻したりなどを行って、その為替レートの変動の幅の差を利益としたり、また、その通貨ごとに設定がされている金利を利益として求める事を目的としています。

これに対し、外貨を用いて海外の金融商品を利用するものには、海外株式、海外債権、外貨建て投資信託などがあります。

こうした金融商品の特徴は、日本の円での取引ではなく海外の通貨を用いて、投資取引を行っているという部分になり、投資取引で得た利益を為替レートの変動によってさらに大きくすることが可能となっている点になります。

外貨取引(FX)を行う際には、もちろんこの為替のレート変動が利益方向ばかりに動くわけではないため、それによって生じる損失も考えに入れておく必要があります。トレード方法の参考は例えばこちらのサイトなどが優秀です。

特に外貨建ての取引を利用して投資を行った場合には、その投資取引で利益が出たとしても、為替レートの変動によっては損失が出る事があり、例えば投資で1万ドルの利益が出て日本円に両替した場合、1ドル100円の為替レートと1ドル90円の為替レートでは前者が100万円の利益になるのに対し、後者では90万円の利益にしかならないのです。

このように、外貨を利用した投資取引を行う際には為替相場の状況も確認し、せっかくの利益が損失にならないように投資を行っていくことも重要な事になります。